スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳2ヶ月のYちゃんから学ぶ 洋書絵本と木のおもちゃ スタジオ・ドリーム

  • 2010/02/16(火) 14:55:29

赤ちゃんや幼い子どもたちから学ばせてもらうことが多い毎日ですが、今日は、2歳2ヶ月になったYちゃんに、本当に驚かされました。 

午後から、お母様と一緒に来てくれたYちゃんは、1歳前から、ほるぷこども図書館の「めだかコース」で絵本の読み聞かせを楽しんでいます。
今は、「ひよこコース」もお家に揃っています。
毎日、読み聞かせのとてもお上手なお母様に絵本をたっぷり読んでもらっています。

今日は、お母様と、和久積木のフルセットのご注文にみえたのでした。

ひとしきり、いつものようにMICKIの汽車で遊んだあと、急に低い棚を指差しました。Yちゃんでも手が届く高さです
私は、Yちゃんがペンギン親子の写真に興味を持ったのかと思い、「ペンギンのおとうさんと赤ちゃん。仲良しね。」などと、話しかけました。
「うん」と、同意してくれたYちゃんですが、また、同じ方向を指差します。
どうやら、数年前からショップにおいてある、紙粘土で私が作った『どんどこ ももんちゃん』のお人形を指差しているらしいことに気づき、ももんちゃんのお人形を手にとって動かしながら、絵本の言葉通りに1冊分語ってみました。

すると、Yちゃんが、急に私に向かい合う形でひざにのってきたのです。
そして、ひざにのったまま、Yちゃんは、また、ももんちゃんのお人形を指差すのです。
私が、「そう、ももんちゃんね」と言ったとたんに、Yちゃんの表情は、キッとした怖いほどの真剣なものになり、突然、私の頬を両手でぎゅっと挟んだのです。
私は一瞬、「何か怒らせたのかな?」と、思いました。
私が戸惑っていても、Yちゃんは私の頬から手を離しません。
それどころか、キッとした目を私の口元に近づけて、まじまじと見詰めているのです。
「もしかして?でも、まさか」と、思いながらも、両腕でしっかりとYちゃんを抱えて、はっきりと大きく口を開けながら、「も、も、ん、ちゃん」と、言って見ました。
するとYちゃんは、更に、その顔を私の顔にくっつくぐらいまでに近づけてきたのです。
そこで私は、何度も、「も、も、ん、ちゃん」と、繰り返し、繰り返し言って見ました。すると、突然その姿勢のままのYちゃんの口から「ももたん」と言う言葉が飛び出してきたではありませんか!
「すごい!Yちゃん、ももんちゃんが言えたね!」と私が言うと、Yちゃんは、ほんの少し表情を緩めましたが、直ぐにまた、真剣な目に戻りました。「ああ、自分の発音に納得していないんだな―」と思った私は、さらに、「も、も、ん、ちゃん」と、何度か繰り返したあと、今度は普通の言い方で「ももんちゃん」と繰り返してみました。
すると、Yちゃんは私の言葉と同時に自分でも「ももたん」、と飽きることなく繰り返し、それが段々「ももーたん」、「ももんたん」、そして、ついに「ももんちゃん」と言えるようになったのです。
ちゃんと言えるようになってからも、何度も何度も繰り返すYちゃんを、私は「言えた、言えた!すごいすごい!」を繰り返しながら、きつく抱きしめ続けていました。
『どんどこももんちゃん』は、Yちゃんが8ヶ月で「めだかコース」をお母様にお求め戴いたときに読んであげた絵本のうちの一冊でした。

一体、いつから、「ももんちゃん」と言いたいと思っていたのでしょう?
「ずーっと、ももんちゃん、て言いたかったの?」と訊くと、「うん」と、力強く返事をしてくれました。
でも、まだ2歳2ヶ月のYちゃんが、言葉を修得するために、発話者の頬を両手で挟んで頬やあごの動きを手で確かめながら、口の動きをじっと観察し、やがて、自分も一緒に何度も何度も発声してみるなどという手段を、どうやって思いついたのか?
お母様にも私にも、思い当たることが無いのです。 

今日は、ショップに来る前から眠かったというYちゃんは、「ももんちゃん」と、しっかり言えるようになって、眠かったことを思い出したように、満足そうに帰っていきました。 

「お家に帰ったら、たくさん寝て、それからお母様に、ももんちゃんを読んでいただこうね。今度はYちゃんも一緒に読めるね」
自転車のチャイルドシートに乗ったYちゃんは、何度も「うん、うん」と返事をしながら、私の手をしっかり握って、「バイバーイ」と、大きな声で繰り返します。

私が「またねー」というと、「またねー」と、手を振って帰っていきました。

スポンサーサイト

急がされすぎる赤ちゃんたち

  • 2010/02/13(土) 22:17:59

久しぶりに、このページでコラムを書きます。

先日、「この数年間に、お付き合いした赤ちゃんは、何人ぐらいになるかしら?」と、思いおこしてみると、一度だけのお付き合いも含めると、数千人になることが分かりました。
赤ちゃんとの出会いも、私にとっては、貴重な一期一会です。
赤ちゃんとの一回一回の出会いから、そして、赤ちゃんと触れ合う一瞬、一瞬から、たくさんのことを学ばせてもらいました。
巷で人気の育児マニアル書や、赤ちゃんの能力開発関連書、年齢別に推薦している絵本の情報などに対して、危険性を感じるようになりました。 
また、赤ちゃん、幼児向けの教育関連テレビ番組、英語教育に関する本やネット情報には、更に、大きな危機感を抱きます。

のびのびとした生活の中で愛されて育っていく赤ちゃんたちは、自ら楽しみ、次から次へと新たな発見をしていく能力を遺憾なく発揮することができるのです。
すべての速度が速くなった現代は、赤ちゃんにとって、育ち難い環境です。
だからこそ、意識して赤ちゃんの本来のゆっくりペースを意識してで育ててあげないと危ないと感じることが多くなりました。
赤ちゃんは、みんな素晴らしい能力の種を持って生まれてきます。 
それを、伸ばせる力を邪魔するテレビや早期教育に対して、「やめて!」という信号を、まだ言葉を話せない赤ちゃんたちは、身を持って教えてくれます。
お母さんの笑顔を見て赤ちゃんに笑顔が生まれます。 
赤ちゃんの笑顔を見ると、更にお母さんにも笑顔が増えます。 
次には、もう少し、具体的なお話を書いてみます。

朝一番の嬉しいメール

  • 2009/03/25(水) 16:03:26

朝一番、8時に、嬉しいメールを受け取りました。
先日の3月13日にご紹介したK君のお母様から、ほるぷこども図書館の『めだかコース』のご注文と一緒に、お写真と、次のメッセージが届いたのです。

「今朝初めて前に自力で進み絵本コーナーから本を引き出した瞬間です!息子の握力には驚かされます。また遊びに行ける日を楽しみにしてます。」

20090325kento.jpg

保育士のお母様は、数年前、ご自分で『めだかコース』の一つ上の『ひよこコース』を買われて、保育園に持って行っては子どもたちのために読んであげていたのです。

その他にもたくさんの絵本をお持ちで、すでにご自宅にも素敵な絵本コーナーが整っているのです。
そこへ今回、あらためて『めだかコース』を揃えてあげることをご夫婦で決めてくださったとのことでした。

先日来てくれた時には、もう少しでハイハイをしそうだったK君ですが、なかなか腕の片方が抜けませんでした。
そこで、無理にハイハイを急ぐ必要は無かったのですが、K君が、私が引っ張って見せてあげていたプルトーイのカラームカデを何とか追いかけたいと必死だったことと、読んであげた後にボックスに片付けた絵本を自分で取りに行こうとしている様子を見て、少しだけ、お稽古をしてみたところでした。

そのときに読んでいたのが『めだかコース』の中の何冊かでしたが、生まれたときから絵本をお母様に読んでいただいて育ったK君は、どれも最後までじっくりと聞いていて、どれがどの絵本だったかを、ちゃんと分かっていたのです。

それから2週間弱、ついに今朝、ハイハイをして真っ先に進んだ先が、おうちの絵本のコーナーだったとは!

きっと、「自分で動けるようになったら、真っ先に、生まれたときからいつもママが読んでくれている絵本のところまで進んでいって抜いてみるんだ!」と、決めていたのでしょう。

やったね、K君! 金メダル!

そしてこの瞬間は、今まで愛情たっぷりに丁寧に育てていらしたお母様への、一生忘れられない金メダルでもあるはずです。

「赤ちゃんは、言葉で表せないだけで、全てを感じ、分かってもいます」と、常にお母様たちにお伝えし続ける私にとっても、K君が、まるでそれを「本当だよ、わかっているよ」と、しっかりと証明してくれたようで、朝から嬉しくて、まだ胸がドキドキしています。

こういう赤ちゃんたちとの素敵な出会いの積み重なりが、私に益々「赤ちゃんは、言葉で表せないだけで、全てを感じ、分かってもいます」と、自信を持って言える力を与えてくれているのです。

生まれてからは、初めましてのMちゃんとの出会い

  • 2009/03/20(金) 18:03:16

一年前のお雛様の日、一人の素敵なお客様との出会いがありました。
とても穏やかなCさんは、2ヵ月後に赤ちゃんが生まれるご予定とのことでした。
ずーっと待ち望んでいらした赤ちゃんとのことで、私も嬉しくなってしまい、色々とお話が弾みました。
そして、おなかの赤ちゃんに向けて、ほるぷこども図書館の『めだかコース』の中から、何冊かの絵本を読んでみました。
すると、すっかりCさんご自身が気に入ってくださり、その場で生まれてくる赤ちゃんのために『ほるぷこども図書館』をお求め下さったのです。
「ぜひ、生まれる前から、ゆっくりと、声に出して絵本を読んであげてくださいね。」と、お願いしてお別れしました。

それから直ぐ、ご実家に帰られ、その後はお引越しとのことだったため、私が生まれた赤ちゃんに出会う機会があるかしら?と、いつも気になっていました。

今日、ショップの前にベビーカーが止まり、お母様がご挨拶してくださいました。
Cさんでした。
Cさんが、生まれたMちゃんを連れて訪ねてくださったのでした。
Mちゃんは、10ヶ月のしっかりとした可愛い赤ちゃんでした。
すでに集中力のある、知的好奇心の強いMちゃんは、絵本を読んであげると、何冊も最後まで聞いて、リクエストも出来ます。
『だれかしら』を絵本のドアをノックしながら読んでみると、2回目からは、Mちゃんもしっかりとページに描かれたドアを一生懸命ノックしてくれるのです。

しばらくしてお父様も見えました。
普段から絵本をたくさん読んでもらって、お二人からたっぷりと話しかけられていることが、Mちゃんの様子から良く分かります。
家族から語りかけられた言葉は、心と脳の成長の栄養です。

そのMちゃんがはまったのが、ドイツのおもちゃ、ベビーキューブでした。


babycube.jpg  お買い物はこちらから 


幾つかのキューブを振って音を聞かせてあげると、Mちゃんは、自分で赤いキューブを両手に一つずつ持って、リズミカルに振り始めたのです。


それはそれは、楽しそうでした。いつまでたっても飽きません。
そのうち、違う色のキューブを片手に持って(ベビーキューブは6色各2個ずつ、色ごとに音が違うのです)一生懸命に音の違いを試していました。

お帰りのときに、手提げバッグに入れたベビーキューブを探すMちゃんに、袋を振って音を聞かせてあげると、ほっと安心した様子でした。

これからの成長が楽しみなMちゃんです。

お買い物はこちらから 

7ヶ月のK君とドリオの出会い

  • 2009/03/13(金) 19:57:13

東京は、風の強い一日でした。
そんな中、7ヶ月のK君が、電車に乗ってお母様と二度目の来店です。
お母様は、絵本が大好きな保育士さんで、今、産休中。
K君が生まれるずっと前から存じ上げています。

今日は、明日、産休前に受け持っていた保育園児の卒園式に一緒に参加することになったK君のために、手に持てるおもちゃを選びに来てくださったのです。

ちょっと会わない間にすっかり大きくなったK君。
様子を見て、迷わず、スイスのネフ社製のドリオをお勧めしました。

ドリオ

ドリオのショップへ


私が手に持ってドリオを揺らしてあげると、K君は大喜び。カラフルjな玉の動きと、玉のぶつかり合う音に、目が輝きます。その様子を見たお母様が、直ぐに買われることを決められたので、さっそくドリオはK君のものに。

kento1.jpg


それから1時間以上、K君はドリオを片時も離しませんでした。
あらゆる方向からドリオをお口にくわえて確かめ、時々自分の手で振って音を立てては、得意げに私に見せてくれました。

kent2.jpg


まさに、一つのおもちゃとの最高の出会いの瞬間でした。


ドリオのショップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。