スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれてからは、初めましてのMちゃんとの出会い

  • 2009/03/20(金) 18:03:16

一年前のお雛様の日、一人の素敵なお客様との出会いがありました。
とても穏やかなCさんは、2ヵ月後に赤ちゃんが生まれるご予定とのことでした。
ずーっと待ち望んでいらした赤ちゃんとのことで、私も嬉しくなってしまい、色々とお話が弾みました。
そして、おなかの赤ちゃんに向けて、ほるぷこども図書館の『めだかコース』の中から、何冊かの絵本を読んでみました。
すると、すっかりCさんご自身が気に入ってくださり、その場で生まれてくる赤ちゃんのために『ほるぷこども図書館』をお求め下さったのです。
「ぜひ、生まれる前から、ゆっくりと、声に出して絵本を読んであげてくださいね。」と、お願いしてお別れしました。

それから直ぐ、ご実家に帰られ、その後はお引越しとのことだったため、私が生まれた赤ちゃんに出会う機会があるかしら?と、いつも気になっていました。

今日、ショップの前にベビーカーが止まり、お母様がご挨拶してくださいました。
Cさんでした。
Cさんが、生まれたMちゃんを連れて訪ねてくださったのでした。
Mちゃんは、10ヶ月のしっかりとした可愛い赤ちゃんでした。
すでに集中力のある、知的好奇心の強いMちゃんは、絵本を読んであげると、何冊も最後まで聞いて、リクエストも出来ます。
『だれかしら』を絵本のドアをノックしながら読んでみると、2回目からは、Mちゃんもしっかりとページに描かれたドアを一生懸命ノックしてくれるのです。

しばらくしてお父様も見えました。
普段から絵本をたくさん読んでもらって、お二人からたっぷりと話しかけられていることが、Mちゃんの様子から良く分かります。
家族から語りかけられた言葉は、心と脳の成長の栄養です。

そのMちゃんがはまったのが、ドイツのおもちゃ、ベビーキューブでした。


babycube.jpg  お買い物はこちらから 


幾つかのキューブを振って音を聞かせてあげると、Mちゃんは、自分で赤いキューブを両手に一つずつ持って、リズミカルに振り始めたのです。


それはそれは、楽しそうでした。いつまでたっても飽きません。
そのうち、違う色のキューブを片手に持って(ベビーキューブは6色各2個ずつ、色ごとに音が違うのです)一生懸命に音の違いを試していました。

お帰りのときに、手提げバッグに入れたベビーキューブを探すMちゃんに、袋を振って音を聞かせてあげると、ほっと安心した様子でした。

これからの成長が楽しみなMちゃんです。

お買い物はこちらから 

スポンサーサイト

7ヶ月のK君とドリオの出会い

  • 2009/03/13(金) 19:57:13

東京は、風の強い一日でした。
そんな中、7ヶ月のK君が、電車に乗ってお母様と二度目の来店です。
お母様は、絵本が大好きな保育士さんで、今、産休中。
K君が生まれるずっと前から存じ上げています。

今日は、明日、産休前に受け持っていた保育園児の卒園式に一緒に参加することになったK君のために、手に持てるおもちゃを選びに来てくださったのです。

ちょっと会わない間にすっかり大きくなったK君。
様子を見て、迷わず、スイスのネフ社製のドリオをお勧めしました。

ドリオ

ドリオのショップへ


私が手に持ってドリオを揺らしてあげると、K君は大喜び。カラフルjな玉の動きと、玉のぶつかり合う音に、目が輝きます。その様子を見たお母様が、直ぐに買われることを決められたので、さっそくドリオはK君のものに。

kento1.jpg


それから1時間以上、K君はドリオを片時も離しませんでした。
あらゆる方向からドリオをお口にくわえて確かめ、時々自分の手で振って音を立てては、得意げに私に見せてくれました。

kent2.jpg


まさに、一つのおもちゃとの最高の出会いの瞬間でした。


ドリオのショップへ

2ヶ月の大きな成長!お手伝いもできるようになって

  • 2008/12/12(金) 23:10:37

2005年08月26日

1歳8ヶ月になったRくん、暫らくぶりにお母さまと。
お知り合いの赤ちゃんへのプレゼントを選びに来てくださいました。
Rくんは、2ヶ月会わないうちに、ことばが幾つも出るように。
大好きな色、「赤」も、指を差しながら言えます。動物の名前や鳴き声も、
一生懸命伝えようとしてくれます。

続きを読む

木のおもちゃ、ポストボックス 第一号

  • 2005/06/18(土) 23:00:03

2005年06月18日

9ヶ月のMちゃん、先日お求めいただいたエルマーがすっかりお気に入りとの事。明るい美しい色の絵本に元気に反応してくれます。
今日も、エルマーシリーズのもう一冊をお求めいただきました。
それにご出産のお祝い用に音のでる布絵本も。
この絵本は、この地区の赤ちゃんたちの間では、大人気だと言っていただけて、嬉しかったです。
今日も、出版社時代の友人Wさんが訪ねてきてくれました。
近くの中学に通う息子さんを持つお母さまなので、この地区の事、英語教育の実態等、教えてもらえることが多く、いつも感謝しています。
1歳の○君が始めて来てくださいました。初めはお父さま、お母さまと。一度帰られてから、今度はおじい様もご一緒に。
保育園でいつも夢中で遊んでいらっしゃるというおもちゃを発見。
最近仕入れたばかりの白木に上の部分だけ赤いポストボックスです。
初めは単純な形のピースを繰り返して落としていましたが、そのうちに難しい複雑な形まで落とせるように。その集中力には驚かされました。
○君、おじいちゃまのプレゼント、ポストボックスと、はしご人形、良かったね。カタカタ人形もしばらく売り切れです。

夜、フォトジャーナリストを目指す友人のT君が、突然訪ねてくれました。数ヶ月ぶりです。お子さんが生まれたお友だちへのプレゼントに、選んでくれたのは、やはり、布絵本でした。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム


ラッキーな出会い

  • 2005/05/28(土) 22:52:37

2005年05月28日

通りがかりにお寄りいただいたS様。英語を習っていらっしゃる4歳の姪御さん、Sちゃんのために、マジックウインドウ絵本をお求めいただきました。
Sちゃんの英語の先生は、園の同級生のお父様だそうで、イギリス人の方だとのこと。自然なコミュニケーションの中で、英語のお勉強を楽しんでいらっしゃるそうです。
とても幸運な出会いの中で、すてきな英語学習のスタートをきられたように思います。
一昨日、布の絵本をお求めいただいた5ヶ月のUちゃんが、ご両親とみえました。
さっそく、布絵本のページをご自分でめくって楽しんでくださっているとのこと。
今日はお友だちへのプレゼントにと、同じその布の絵本を、お求めいただきました。
それから木のおしゃぶり「ドリオ」も。これは、おととい見えたときに、すっかり気に入りいただいていたのです。5色の玉を目で追って、木と木がぶつかる音に興味しんしんでした。大人も眺めているだけで、美しさに心満たされますが、赤ちゃんたちは、もっともっと大きな魅力を五感で楽しんでいるのでしょう。なにしろ、「ドリオ」を見て喜ばなかった赤ちゃんが一人もいないのです。このおもちゃに出会った赤ちゃんはラッキーだと、思わずにはいられません。握って、振って、玉を引っぱって、おしゃぶりにして・・・
布絵本も、この木のおもちゃも、こんなに赤ちゃんに愛されるものを作ったデザイナーたちは、本当にすごいといつもながら、感心してしまいます。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。