スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝一番の嬉しいメール

  • 2009/03/25(水) 16:03:26

朝一番、8時に、嬉しいメールを受け取りました。
先日の3月13日にご紹介したK君のお母様から、ほるぷこども図書館の『めだかコース』のご注文と一緒に、お写真と、次のメッセージが届いたのです。

「今朝初めて前に自力で進み絵本コーナーから本を引き出した瞬間です!息子の握力には驚かされます。また遊びに行ける日を楽しみにしてます。」

20090325kento.jpg

保育士のお母様は、数年前、ご自分で『めだかコース』の一つ上の『ひよこコース』を買われて、保育園に持って行っては子どもたちのために読んであげていたのです。

その他にもたくさんの絵本をお持ちで、すでにご自宅にも素敵な絵本コーナーが整っているのです。
そこへ今回、あらためて『めだかコース』を揃えてあげることをご夫婦で決めてくださったとのことでした。

先日来てくれた時には、もう少しでハイハイをしそうだったK君ですが、なかなか腕の片方が抜けませんでした。
そこで、無理にハイハイを急ぐ必要は無かったのですが、K君が、私が引っ張って見せてあげていたプルトーイのカラームカデを何とか追いかけたいと必死だったことと、読んであげた後にボックスに片付けた絵本を自分で取りに行こうとしている様子を見て、少しだけ、お稽古をしてみたところでした。

そのときに読んでいたのが『めだかコース』の中の何冊かでしたが、生まれたときから絵本をお母様に読んでいただいて育ったK君は、どれも最後までじっくりと聞いていて、どれがどの絵本だったかを、ちゃんと分かっていたのです。

それから2週間弱、ついに今朝、ハイハイをして真っ先に進んだ先が、おうちの絵本のコーナーだったとは!

きっと、「自分で動けるようになったら、真っ先に、生まれたときからいつもママが読んでくれている絵本のところまで進んでいって抜いてみるんだ!」と、決めていたのでしょう。

やったね、K君! 金メダル!

そしてこの瞬間は、今まで愛情たっぷりに丁寧に育てていらしたお母様への、一生忘れられない金メダルでもあるはずです。

「赤ちゃんは、言葉で表せないだけで、全てを感じ、分かってもいます」と、常にお母様たちにお伝えし続ける私にとっても、K君が、まるでそれを「本当だよ、わかっているよ」と、しっかりと証明してくれたようで、朝から嬉しくて、まだ胸がドキドキしています。

こういう赤ちゃんたちとの素敵な出会いの積み重なりが、私に益々「赤ちゃんは、言葉で表せないだけで、全てを感じ、分かってもいます」と、自信を持って言える力を与えてくれているのです。

スポンサーサイト

生まれてからは、初めましてのMちゃんとの出会い

  • 2009/03/20(金) 18:03:16

一年前のお雛様の日、一人の素敵なお客様との出会いがありました。
とても穏やかなCさんは、2ヵ月後に赤ちゃんが生まれるご予定とのことでした。
ずーっと待ち望んでいらした赤ちゃんとのことで、私も嬉しくなってしまい、色々とお話が弾みました。
そして、おなかの赤ちゃんに向けて、ほるぷこども図書館の『めだかコース』の中から、何冊かの絵本を読んでみました。
すると、すっかりCさんご自身が気に入ってくださり、その場で生まれてくる赤ちゃんのために『ほるぷこども図書館』をお求め下さったのです。
「ぜひ、生まれる前から、ゆっくりと、声に出して絵本を読んであげてくださいね。」と、お願いしてお別れしました。

それから直ぐ、ご実家に帰られ、その後はお引越しとのことだったため、私が生まれた赤ちゃんに出会う機会があるかしら?と、いつも気になっていました。

今日、ショップの前にベビーカーが止まり、お母様がご挨拶してくださいました。
Cさんでした。
Cさんが、生まれたMちゃんを連れて訪ねてくださったのでした。
Mちゃんは、10ヶ月のしっかりとした可愛い赤ちゃんでした。
すでに集中力のある、知的好奇心の強いMちゃんは、絵本を読んであげると、何冊も最後まで聞いて、リクエストも出来ます。
『だれかしら』を絵本のドアをノックしながら読んでみると、2回目からは、Mちゃんもしっかりとページに描かれたドアを一生懸命ノックしてくれるのです。

しばらくしてお父様も見えました。
普段から絵本をたくさん読んでもらって、お二人からたっぷりと話しかけられていることが、Mちゃんの様子から良く分かります。
家族から語りかけられた言葉は、心と脳の成長の栄養です。

そのMちゃんがはまったのが、ドイツのおもちゃ、ベビーキューブでした。


babycube.jpg  お買い物はこちらから 


幾つかのキューブを振って音を聞かせてあげると、Mちゃんは、自分で赤いキューブを両手に一つずつ持って、リズミカルに振り始めたのです。


それはそれは、楽しそうでした。いつまでたっても飽きません。
そのうち、違う色のキューブを片手に持って(ベビーキューブは6色各2個ずつ、色ごとに音が違うのです)一生懸命に音の違いを試していました。

お帰りのときに、手提げバッグに入れたベビーキューブを探すMちゃんに、袋を振って音を聞かせてあげると、ほっと安心した様子でした。

これからの成長が楽しみなMちゃんです。

お買い物はこちらから 

7ヶ月のK君とドリオの出会い

  • 2009/03/13(金) 19:57:13

東京は、風の強い一日でした。
そんな中、7ヶ月のK君が、電車に乗ってお母様と二度目の来店です。
お母様は、絵本が大好きな保育士さんで、今、産休中。
K君が生まれるずっと前から存じ上げています。

今日は、明日、産休前に受け持っていた保育園児の卒園式に一緒に参加することになったK君のために、手に持てるおもちゃを選びに来てくださったのです。

ちょっと会わない間にすっかり大きくなったK君。
様子を見て、迷わず、スイスのネフ社製のドリオをお勧めしました。

ドリオ

ドリオのショップへ


私が手に持ってドリオを揺らしてあげると、K君は大喜び。カラフルjな玉の動きと、玉のぶつかり合う音に、目が輝きます。その様子を見たお母様が、直ぐに買われることを決められたので、さっそくドリオはK君のものに。

kento1.jpg


それから1時間以上、K君はドリオを片時も離しませんでした。
あらゆる方向からドリオをお口にくわえて確かめ、時々自分の手で振って音を立てては、得意げに私に見せてくれました。

kent2.jpg


まさに、一つのおもちゃとの最高の出会いの瞬間でした。


ドリオのショップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。