スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布の絵本のおすすめ しろくまくん と おともだち

  • 2008/12/14(日) 21:38:35

タッチ アンド フィール(触って感じる) 布絵本 Snowy bear and friends

よく出来た布の絵本を赤ちゃんにおすすめするたびに、「布の絵本には、温かな語りかけの声がよく似合うな」と、思います。

まるで布の絵本が、「わたしを使って、もっと赤ちゃんに話しかけて」と、言っているように感じます。

たとえ、手縫いではなくミシンで縫われていても、紙の絵本の制作工程よりは、ずっと人の手がかかっています。
布の絵本を作っている人たちは、それが仕事であっても、ふわふわの布の触り心地を感じながら、優しい気持ちで作っているに違いないと思います。そんな気持ちも乗せて出来上がってくる布絵本。

スタジオ・ドリームには、色々な種類の布絵本がありますが、お気に入りに出会ったときの赤ちゃんの表情は、おもちゃに出会ったときのキラキラした目とはまったく違うことに気付きました。
みんな、うっとりとしていているのです。

柔らかい布は、赤ちゃんにとって、人の肌に触れている時と同じ安心感を与えるそうです。
布の絵本を触りながら、お母さんに色々はなしかけてもらえる赤ちゃんは、豊かな情緒をはぐんでいるのでしょう。

今日は、Snowy bear and friendsをご紹介します。

寒いところに住むしろくまくんと仲良しの動物たちが、それぞれ簡単なライミング2行ほどの文章で紹介されていています。
表紙をさわると赤ちゃんが大好きなシャカシャカという音がします。
また、それぞれの動物たちの体の一部にボアやビニール素材などが張られていてさわって楽しめる仕掛け絵本です。

しろくまくんのお鼻は、ビロードでもっこり。
サテンで出来たPuffinの羽は、ぱたぱた羽ばたかせることが出来ます。
2.97 cms H x 18.95 cms L x 20.42 cms
プレゼントギフトにおすすめの絵本 0歳から~ 英語版
税込み 1.500円(輸入品のため、予告無く定価が変わることがあります)
この絵本のご購入はこちらから

Snowy Bear9780312495330

SnowyBearInside.jpg
それぞれの動物たちの体の一部にボアやビニール素材などが張られていてさわって楽しめる仕掛け絵本です。
Mooseの角は、ピンクのサテン、Sealの体は、やわらかいタオル地。

高品質の布絵本+CD

  • 2008/12/13(土) 21:00:18

My First Shopping Book
テディのはじめてのおかいもの 布仕掛け絵本+CD
first_shopping_book1.gif

気に入ってくださる方が多く、だんだん残りの数が少なくなってきた、かわいい布絵本のご紹介です。

テディ君のはじめてのおかいもの。
表紙のテディ君は、すでに大好物のはちみつをバッグに入れています。
ブルーのファスナーを開け、赤と白のすてきなひさしを持ち上げページを開くと、内側に本物の布製のショッピング・バッグがでてきます。バッグ入れにはお子さまの名前を書き込めるスペースも。
さあバッグを持ってテディ君と一緒にお買い物に出かけましょう。
買ったものは、一つ一つバッグに入れていきましょう。
(それぞれ商品はマジックテープ付きなのでページから離れるように作られています!)
パン屋さんでケーキを買って、スーパーマーケットでは牛乳を。お花屋さんのドアを開けて、窓辺に飾るための一番きれいなお花を買いましょう。
デパートではTシャツと真っ赤な自動車を。
さあ、うちについたら、今買ってきたものをそれぞれぴったりの場所にしまいましょう。
タンスの引き出しにもしまえることに気がつきましたか?

子どもが大きくなったら、それぞれの商品の金額をきめてのお買物ごっこもできますね。
英語の文章もシンプルで各ページ、2~3行です。
◆8 pages / 23 x 21 cm
★オーディオ構成
1.男性による、はっきり、ゆっくりとしたストーリーテリング
2. 女性による、はっきり、ゆっくりとしたストーリーテリング
3. 男性と女性によるストーリーテキストを単純化した軽快なチャンツです

税込み 3.900円
この絵本のご購入はこちらから

ページを開いた状態の画像をそれぞれクリックしてください。
遊び方をご覧いただけます。


first_shopping_book1.gifshopping_ani01.gifshopping_ani02.gif
画像をクリックしてください。遊び方をご覧いただけます。

続きを読む

2ヶ月の大きな成長!お手伝いもできるようになって

  • 2008/12/12(金) 23:10:37

2005年08月26日

1歳8ヶ月になったRくん、暫らくぶりにお母さまと。
お知り合いの赤ちゃんへのプレゼントを選びに来てくださいました。
Rくんは、2ヶ月会わないうちに、ことばが幾つも出るように。
大好きな色、「赤」も、指を差しながら言えます。動物の名前や鳴き声も、
一生懸命伝えようとしてくれます。

続きを読む

1歳になったL君 

  • 2008/02/14(木) 20:55:18

1歳のお誕生日を昨日迎えたL君がお母様と。
お誕生日プレゼントの「ひよこコース」が届いたのです。
L君とは、お母様のおなかにいるときからのお付き合いです。


HiyokoSPic.jpg

この数ヶ月で「おてて ぱちぱち」が出来るようになり、伝え歩きから自力で数歩、歩けるようになり、ハイハイも猛スピードで進むようになりました。
座ったまま、リズミカルにジャンプもします。
少し長めの日本語の絵本も英語の絵本も一冊最後まで楽しんでくれるようになりました。

パパ、ママ、マンマのほか、大きな声で「うーうー」と言って色々なことを伝えてくれます。
何かがうまくできると満面の笑顔で両手をたたき、失敗すると、本当にがっかりした様子で「あーあ!」と言います。

明るくさわやかで温かなお母様の声で生まれたときからたっぷり話しかけてもらって、4ヶ月からは「めだかコース」の絵本をたっぷり読んでもらっているので、絵本を見るのも、人から話しかけられることも大好きです。

絵本や遊びに夢中になると、窓のすぐ外を大きな音とともに走っていく特急電車にも目をくれません。
今日は、私が布のボールを上に投げては手に戻すのを見ては、声をあげて手足をバタバタして笑い続けました。
くまさんのパペット付き絵本を動かしながら話しかけてみると、またまた大喜び。
呼吸が苦しくなるのではないかと心配になるほど、体をよじって大きく笑ってくれます。

最近は、私がバックヤードに物を取りに来たときなどは、死角になって見えないはずのショップの端から、角まで曲がってあっという間にハイハイで私の足元まで来てしまいます。今日もあっという間に足元までたどり着いたのです。
その後、ふいに一人で立って、「と、と、と、とっ」と四歩、私をめがけて歩いたのです。

そして、ふいにめだかコースの絵本箱から、『ボリボン』を引き抜くと、床に座っていたわたしのすぐそばまで来て、ひざの上をポンポンと2回たたいたのです。
「これを、読むの?」と挿絵をさしながら、話しかけると、本当に満足そうでした。
今まで以上に高度なコミュニケーションをちゃんと自分から取れるようになっていました。
おうちでは、まだ興味を持てない絵本のうちの1冊だったそうですが、お母様が出会わせてくれていたことを覚えていて、ふいに聞いてみたくなったのでしょう。

それから、『どんどこももんちゃん』をうれしそうに2回も聞いてくれました。
そして、絵本が終わったとたんに座ったままのジャンプが始まりました。
そこで、私が絵本を読んでいたときのリズムで「どんどこ どんどこ」と繰り返してみると、待っていましたとばかりに同じリズムで、よりいっそうの笑顔で、何度も何度も連続ジャンプを繰り返し、「あは、あは」笑い続けていました。

ショップに来てくれるつどに、新たに出来るようになったことのすべてを披露してくれて、さらに初めてのことも、目の前で出来るようになったりもします。

8ヶ月から一歳までの成長の早さには、本当に驚かされます。

L君、1歳のお誕生日、おめでとう!

3歳2ヶ月のSちゃんと、続けて絵本を楽しんで―ついにおうちにも届いた

  • 2007/02/11(日) 18:57:39

10日前、お母さまと初めて訪ねてくださったSちゃんが、今日も来てくれました。
下に0歳の赤ちゃんがいらっしゃるそうですが、先回も今回も赤ちゃんはお留守番で、お母さまとSちゃんだけの時間です。
Sちゃんは、おとなしくてじっくりとしたお子さんです。

先回、お母さまと私が話をしている間も、おもちゃで遠慮がちに遊んで待っていてくれました。
だんだんショップにも私にも慣れてきたところで、絵本を読みました。
お母さまからいつも絵本をたくさん読んでいただいていたとのことでしたので、英語で“Hug”を読んでみると、私の横にぴたっとくっついて、ジーッと聞いてくれました。
Sちゃんが感情が豊かなこと、絵本のページの場面を良く理解して感じ取っていることが、息づかいを通して伝わってきました。
途中でチンパンジーのBOBOがお母さんを恋しくなって泣くところでは、少し涙目に。
読み終わると、体をグーッと一層押し付けてきて、暫らくの間、私にピッタリと体をあずけてくれました。
私は、思わずSちゃんを抱きしめました。
心からのHUGができました。

それから、ほるぷこども図書館の「めだかコース」の中の絵本を何冊か読みました。
『あかちゃん 1、2、3』では、Sちゃんの指をとって、それぞれの動物の赤ちゃんに二人で触れながら、1、2、3、4.・・・と声に出して読んでいるうちに、突然、「数の意味がはっきり分かった!」というように、Sちゃんは、こぶたがたくさん並んで出てくるページで一匹、一匹のこぶたを、自分の細い指で愛おしそうに押えながら数を声に出して9匹まで数えていったのです。

お母さまが、「今までは数を言うことはできたけれど、はっきりとは分かってはいなかったみたいだったのに、今、初めて分かって数えることが出来たのですね」と、おっしゃいました。
最後のページの10匹めを数え終わると、ふーっと息をついてから、「もう一度?」というように首を傾げて私の目を見てくれました。
そこで、はじめから読み始めると、こんどは、くまのあかちゃん、1、から、しっかりと声に出して、指で押さえ、最後のページの10匹めのこぶたまで、それはそれは嬉しそうに、そして、満足そうに、また、ちょっと得意げに、動物の赤ちゃんを数えていったのでした。

二人でばんざいをして、思わずもう一度抱きしめると、SちゃんもしっかりとHUGをしてくれました。
それから、心の底から楽しそうに大きな声で笑ってくれたのです。

『あめ ぽったん』は、読みすすめるうちに、繰り返しの部分を一緒に声をだして読んでくれるようになりました。
Sちゃんの「あめ あめ ぽったん、 あめ ぽったん」は、楽しそうなリズムを刻んでいました。
この一冊が終ったときも、やはり、思いっきりすてきな笑い声を聞かせてくれました。

そろそろ、赤ちゃんがおなかをすかせる時間だからと、お帰りの時間になったとき、初めて首を横に振って、「もっと、いる」と、いやいやをしました。
自転車に乗せられてからも、ずっと手を握り締めていてくれました。
Sちゃんは、私にも、別れがたい、濃密な楽しい時間をプレゼントしてくれていたのでした。

そして、10日たった今日。
Sちゃんは、ちょっとはにかみながら入ってきてくれて、お母さまと私の用事が済むまで、じっとおとなしくおもちゃのそばにいました。
用事が終ったのがわかると、すぐに私に絵本を、やはりちょっとはにかみながら、差出しました。
数冊目に、先回読んだ「あめ ぽったん」を開いて、私が「あめ あめ・・・」と読み始めたとたん、すぐに私に声を合わせて、「ぽったん あめ ぽったん はっぱの うえに あめ ぽったん」と 楽しそうに声を合わせてくれました。そしてページをめくるごとに、「・・・つちの うえにも あめ ぽったん」と、実に正確に、弾んだ声で、唱和してくれたのです。
それから、池の中からかえるが出てくるページをめくった途端、Sちゃんは、私がいつもするように、ページ中のかえるの絵の上に自分の手を置いて、「おいけの なかから かえるさん」と言いながら、手を下にずらし、かえるを出して見せてくれたのでした。
こうして、二人で最後まで読んだのでした。
10日前、たった1、2回読んだだけだったのに、すっかりこの『あめ ぽったん』は、Sちゃんの体の中に入っていたのです。

先回のお気に入り、「あかちゃん 1,2,3」も、持ってきてくれました。
そして、今日は、私が「くまのかあさん、あかちゃんは?」と問いかけるのを待っては、ページを自分でめくり、「いち!」と、元気に声を出して指で指しています。
既に、こぶだの赤ちゃんの10匹めが最後のページに残っているのは知っているのですが、それでも前のページで9匹まで数えてから、私がページをめくると「10!」と、あらためて目を大きく開けてびっくりしたような表情をして、それから楽しそうに大きな声で笑うのでした。

お母さまが「あれからずっと、また”HUG”を読んでいただきたいといっていました」とおっしゃってくださったので、今日も英語で語り読みをしてみました。
すると、今日は先回よりも初めから集中して聞いていて、BOBOがひとりぼっちなことに気付き寂しくなるところでは、本当に泣いてしまったのです。
今日もSちゃんは最後まで、私にからだをピッタリと寄せて絵本の時間を共有してくれました。
Sちゃんは、いつもお母さまにHUGしていただくのが大好きなのだそうです。
ご自宅で、豊かな愛情をたっぷり与えられて育てられてきたことがSちゃんのぬくもりを通してよくわかります。
今日もお帰りの時間には、抵抗しました。
でも、「じゃあじゃあ びりびり」を読んだことを思い出し、「赤ちゃんが、あーん、あーん、あーん、て、おなかがすいて泣いているかもしれないから、またね」と話してみると、悲しそうでしたが、しっかり頷いて、バイバイをしたのです。

最後のHUGをしながら、3歳2ヶ月の新しい親友が一人増えたな、と、心から嬉しくなった一日でした。

後日談:
ついに、Sちゃんのおうちにも、『ほるぷこども図書館 めだかコース』が、届けられました!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。